≪我が家のルノーカングー故障情報と改造、ドライブレポート -renault kangoo-≫2012年10月
新型でない中古ルノーカングー5MTの故障に悩まされつつ改造情報&ドライブレポートをお届けします♪ 連載企画!カングーで街道をゆく~龍馬伝紀行~
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012年10月06日 (土) | 編集 |
以前の記事でカングーリモコンキー改造方法を簡単に紹介しましたが、
分かりづらい
写真がブレてる
という貴重なご意見を頂きまして、今回カングーリモコンキーの電池交換した際、改めて写真撮ったので解説も加えてご紹介したいと思います。



■リモコンキー改造準備
・電池CR1220
・ハンダコテ
・配線(1.5cmぐらい)
※対象車種:初年度登録平成17年ルノーカングーGH-KCK4M
(型式が同じでもリモコンキーは異なる場合もございます)


■リモコンキー改造手順
写真をクリックすると拡大写真みれます。

1:今回購入した電池
カングーリモコンキー 1:今回購入した電池
PANASONIC CR1220
ビバホームで280円


2:リモコンキーを開けた状態
カングーリモコンキー 2:リモコンキーを開けた状態
コインなどでキーホルダー部分をこじると簡単に開きます。
(古い電池が既に収まっています)


3:配線ハンダ付け
カングーリモコンキー 3:配線ハンダ付け
写真の赤丸印の部分のように配線をハンダ付けします。
配線は「┌」こんな形で取り付けられています。


4:電池取り付け
カングーリモコンキー 4:電池取り付け
こんな感じでハンダ付けした配線の下の電池受けに挟むように取り付けます。


5:電池取り付け図
カングーリモコンキー 5:電池取り付け図
電池受けに取り付けると写真のような感じに収まります。
電池の上にはハンダ付けした配線が上面のプラス側を抑えつつ通電している形になります。
電池下面のマイナス側と配線がショートしないように注意してください。


6:電池交換完了
カングーリモコンキー 6:電池交換完了
フタを閉めればルノーカングーリモコンキーの電池交換完了。
めでたしめでたし


ちなみにリモコンキーを改造すると、ノーマルリモコンでは無反応だったアンサーバックが反応するようになり、一石二鳥でとても便利なのです!

カングーの応援よろしく!
ルノーカングーランキング応援よろしく♪BY Kangoo
FC2RANKING


関連記事
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。