≪我が家のルノーカングー故障情報と改造、ドライブレポート -renault kangoo-≫今さらあまちゃん東北旅行~最終日
新型でない中古ルノーカングー5MTの故障に悩まされつつ改造情報&ドライブレポートをお届けします♪ 連載企画!カングーで街道をゆく~龍馬伝紀行~
  • 03«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »05
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2015年05月30日 (土) | 編集 |
あまちゃん追っかけの旅最終日となりました。
最終日はあまちゃんとの関連性は薄いですが、震災遺構を巡る旅となります。

■5月30日(土)三日目
朝8時半出発

奇跡の一本松
奇跡の一本松
その後ろに見えるのは旧ユースホステル。
約7万本の松の木のほとんどが津波で流され、この一本だけが残った。震災の恐ろしさと自然の強さを感じる。
※一本松はモニュメント化されたもの

奇跡の一本松付近
奇跡の一本松周辺地図
一本松付近ベルトコンベア1

一本松付近ベルトコンベア2

一本松付近ベルトコンベア3

一本松付近ベルトコンベア4

一本松付近の土盛り
一本松付近は、道路も建物もほとんどが流されてしまったため復旧工事を急ぐ。
縦横に巨大なベルトコンベアが蔓延り各所で土盛りが行われている。

南三陸町防災対策庁舎遺構1
南三陸町防災対策庁舎遺構
南三陸町防災対策庁舎遺構2
本当にビルの鉄骨しか残っていませんでした・・・
津波に襲われるまで防災無線放送を続けた女性職員の姿勢には驚嘆 すると同時に感銘を受けます。

気仙沼線陸前戸倉駅BRT1
JR気仙沼線陸前戸倉駅
気仙沼線陸前戸倉駅BRT2
気仙沼線の線路はほとんどが津波で流されたため、仮復旧としてBRT(バス・ラピッド・トランジット) の暫定運行が開始されています。線路上を舗装し専用バスが走る形のため線路そのものは設置されていません。

石巻市立門脇小学校遺構1
石巻市立門脇小学校遺構
石巻市立門脇小学校遺構2

石巻市立門脇小学校遺構3
プールも校門も校舎も何もかもが原型を留めず、無残な廃校となった。
祈の杜 浄音塔
小学校となりには、いくつかのお墓と祈の杜 浄音塔が建てられていました。

お昼休憩
友福丸 特選炙り穴子丼
食べログ 友福丸
特選炙り穴子丼
少々味付けが濃い感じでしたがふっくらアナゴにしっかり味が染み込んでいて美味しかったです。
このお店は震災で被災したため場所を変えての営業です。
行かれる際は、旧住所とお間違えないように!
住所:宮城県 石巻市 南中里 3-15-28
電話:0225-22-2851


帰路
常磐自動車道経由で南下します。
常磐自動車道放射線量1

常磐自動車道放射線量2
常磐自動車道には、このような放射線量計がたびたびあり、高速を走っていながらにしても平常時とは異なる印象を抱かざるを得ません。

国道6号線信号黄色点滅
帰路の一部は国道6号線を通るため、浪江ICから一旦常磐自動車道を降ります。
国道6号線へ降りると信号はほとんどが黄色点滅。そして、6号線を走る上でのルールとして窓は締め切って内気循環にしなければなりません。
時折、白い防護服に包まれた作業員を目にすることがあり、尋常ではないものものしい雰囲気が漂っています。

簡易放射線量計0.72μSv/h

簡易放射線量計1.08μSv/h
自前の簡易放射線量計で計ると、車内にも関わらず原発が近くなればなるほど高くなるのがわかる。

帰還困難区域看板
国道6号線沿いは基本的に右左折等一切できず、ただひたすらに6号線を走るのみ。
時折帰還困難区域の看板が目に入る

福島第一原子力発電所看板
福島第一原子力発電所がもっとも近い箇所まできた。

簡易放射線量計4.27μSv/h
簡易放射線量計がこの日最大の4.27μSv/hを示しました。
通常の100倍程度の線量です・・・

6号線脇道バリケード
6号線は、右左折できないため、交差点等には全てバリケードのような柵がこしらえてあり入れなくなっています。

除染土壌1

除染土壌2

除染土壌3

除染土壌4
汚染された土壌でしょうか。。。
一般道沿いにたくさん置かれているのが目に付きます。

常磐富岡IC
常磐富岡ICから再び高速へ

高速道路放射線量計
原発から離れると徐々に放射線量が低くなる。


▼最後に
あまちゃん旅行と称し、東北の旅を行ったが、やはり自分の目で確かめてみないとわからないこと、把握できないことが多いことに改めて気づかされた。
復興にはまだまだ時間がかかると思うが、この震災の爪あとを決して忘れず、自分なりにこれからの東北を応援していきたい。


▼旅費概算
期間:2015/5/28(木)-2015/5/30(土)
走行距離:1,521km
燃料量:105.18L
燃費:14.46km/L
燃料代:14,815円
ETC:20,930円
宿泊費:32,680円(二日x大人2名分)
旅行費用概算:
合計 68,425円
※昼食およびお土産、観光地料金含まず


▼スペシャルサンクス
お世話になったサイト、参考にしたサイトなどなど

NHKドラマ「あまちゃん」のロケ地、岩手県久慈市まとめ

NHK朝ドラ「あまちゃん」ロケ地googleマップ

あまちゃん ロケ地情報

道の駅くじ

橋野鉄鉱山・高炉跡

奇跡の一本松(岩手県陸前高田市気仙町字砂盛176-6)

震災遺構まとめ

震災モニュメントPDF

マイクロシーベルトの福島国道6号、通行規制解除

警戒区域に生きる ~松村直登の闘い~ Living in the

福島のその後

福島原発民間人視察

未来へのキオク

以上
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。