≪我が家のルノーカングー故障情報と改造、ドライブレポート -renault kangoo-≫★カングーが壊れました… byKangoo
新型でない中古ルノーカングー5MTの故障に悩まされつつ改造情報&ドライブレポートをお届けします♪ 連載企画!カングーで街道をゆく~龍馬伝紀行~
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009年04月28日 (火) | 編集 |
親父にカングーを貸したところ
気を利かしてガソリンを入れてくれました

と、ところが、、、

スタンドから親父が電話してきて
「ガソリンがフロントから漏れちょるがこれはなんか?」
そんなこと急に言われてもわけわからんです。
私もそんな経験初めてですよ!

とりあえずしばらく様子見たらガソリンが漏れるのは
止まったのでそのまま家まで帰って来てもらいました
私も状況把握に努めましたが良くわかりません
既に漏れは止まっており、いつもどおりの様子に見えます
しかし、定速走行時に「息継ぎ」が度々発生する現象があり
ガソリン漏れとの因果関係はわかりませんでしたが
すぐさまディーラーへ持っていくことに…

ネットで近くの日産のルノーディーラーを調べて持って行きました

サービスの方にあらかた状況を説明すると
「ガソリン給油過多によるキャニスターへのガソリン流出によるものではないか」
とのことでした。

ひとまず修理してみないとわからないとのことでカングーを預ける事に

ついでに1年点検とオイル・フィルター交換もお願いしました


二日後ディーラーより連絡があり、原因がほぼ特定できたとのことでした
やはり、フロントにあるキャニスターにガソリンが流出し、
そのキャニスターがガソリンで溢れかえったことによるガソリン漏れだったとのこと。
また「息継ぎ」についてはこのキャニスターへガソリンが溜まり過ぎたことでの
ガソリンタンク内の内圧調整が出来なくなり、燃料供給が不安定となった結果では
なかろうかと言う事でした。

ほっと一安心

も束の間、翌日受け取りにいってビックリ!!

今回の修理のついでに頼んだオイル・フィルター交換の料金が馬鹿高です!!
前回の行きつけディーラーでのオイル交換と比較してみましょう!

↓これ前回のオイル&フィルター交換時
■オイル&フィルター交換(走行距離17,222km)
オイル ルノーエボリューションSXR 5W-30  6,300円(4ℓ)
オイルフィルター 1,344円
ワッシャー 221円
技術料 1,575円
合計  9,440円
※オイル添加剤SX8000(1ℓ)持参したので、本来5ℓのオイルが必要ですが上記は4ℓの料金となっています


↓今回のオイル&フィルター交換時
■オイル&フィルター交換(走行距離21,931km)
オイル ルノー ZZZ07  13,650円(5ℓ)
オイルフィルター 2,205円
ワッシャー 221円
技術料 1,050円
合計  17,126円 差額+7,686円

オイル量の違いがあるので、実質約6,000円の差額です
オイルのみならず、フィルター料金の違いまであるとは…

ディーラーによって料金・サービスは様々である一例ですね!
今回は突発的な飛び込み修理のついでにオイル交換となりましたが、
やはり行きつけのディーラーに見てもらうのが一番ですよ。

ちなみに行きつけのディーラーから聞いた話ですが
カングー用(ルノー車用)オイルは、ハイグレード用と通常用の2種類があるそうです
ハイグレードは、いわゆるスポーツカーやターボ車向けで
通常用はカングーなどの乗用車向けだそうです
今回はもしかするとハイグレード用を入れられたのかもしれません
ディーラーによっては2種類用意していないところもあるかもです。
また日産車用オイルや汎用オイルなどはなるべく入れないほうが良いそうです
特に汎用オイルなどを入れたお客さんが、エンジン音や振動が大きくなる等の
症状が発生したことがあるとのこと。
外車はメンテナンスが面倒ですね…


ちょいと話がぶれましたが、
今回のキャニスターからのガソリン漏れ症状に戻りましょう!
カングー、というかルノー車は時々このようなことがあるそうです
というのもキャニスターに繋がっているガソリンタンクからのパイプ取り付け位置が
日本車よりも低い位置についており、ガソリンを目一杯入れ過ぎると
キャニスターへガソリンが流出しやすい構造とのことです
ルノー車は大抵このような構造で時々このような修理が舞い込んでくるようです

「燃料補給は、[カチッ]と止まったところで止めましょう!」

とサービスの方から念を押されました…
ギリギリまで燃料を入れようとするは、日本人特有の性質かもしれませんね!
カングーのみならず、ルノー車に乗っている方は、気をつけましょう!


<今回の修理と点検の総まとめ>
■1年点検&キャニスター修理、オイル&フィルター交換(走行距離21,931km)
1年点検 16,800円
オイル&フィルター交換  17,126円
合計 33,926円
※キャニスター清掃は、なんとか1年点検の料金にぶち込んでいただきました
ありがとうございますm(__)m
そのほか、オーダーした点検内容は、フロントタイヤのバランス取り、エアバック警告等点滅の故障履歴確認等

カングーkangoo12ヶ月点検と修理.jpg


旅行先で思わぬ出費となってしまいましたが
結論としては、普段からしっかりメンテナンスを行いつつ
カングーの特性も把握しなければならないということですね!
以後、気をつけます(>_<)

カングー修理代でビックリ(>_<)
ルノーカングー絶好調♪BY Kangoo
関連記事


コメント
この記事へのコメント
通りすがりの・・R-ENGINEERING様へ
なるほど!さすがお詳しいのですね。
オイルフィルターは、今回3回目の車検時も交換しましたが、今度は1,470円(8200768913)でした。
今回は別のディーラーだったのでまた変わってしまったのでしょうかね(笑)。

給油の件は、ディーラー整備士さんの説明より、納得です。
ありがとうございましたm(__)m
2012/07/21(土) 15:13:08 | URL | カングー君-renault kangoo- #GVbM5AYg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。