≪我が家のルノーカングー故障情報と改造、ドライブレポート -renault kangoo-≫司馬遼太郎記念館
新型でない中古ルノーカングー5MTの故障に悩まされつつ改造情報&ドライブレポートをお届けします♪ 連載企画!カングーで街道をゆく~龍馬伝紀行~
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010年02月21日 (日) | 編集 |
遂に憧れの司馬遼太郎先生の記念館に来ました。

司馬遼太郎記念館正門
司馬遼太郎記念館正門です。自宅を改装して作られた記念館とのこと。

司馬遼太郎記念館外観
外観です。とっても綺麗でおしゃれな建物です。
中には6万冊?もの蔵書や資料、シアタールームなどがあり、司馬遼太郎先生を満喫できます。

司馬遼太郎記念館書斎前
ここが司馬遼太郎先生の書斎です。亡くなられた当時そのままの状態で保存されているそうです。
当時の執筆活動の面影が伺える貴重な書斎です。
書斎から見える庭には綺麗な菜の花が咲き乱れていました。

司馬遼太郎記念館庭園
記念館内の中庭というか庭園です。
司馬遼太郎記念館の中にはたくさんの樹木や植物があり、とても癒されます。


後で気付いたのですが、菜の花が、記念館内だけに留まらず、周辺の歩道や鉢などあちこちにたくさん植えられていました。
菜の花やたんぽぽなどの黄色い花が好きだった司馬遼太郎先生の命日(2/12)菜の花忌にちなんで、この日が近ずくにつれボランティアの皆様や一般の方が街中を菜の花で埋め尽くすそうです。
司馬先生は、みんなからとても愛されていたんですね。


司馬遼太郎先生の書斎コーナーでは本を買うことが出来ます。
そこでまだ読んだ事のなかった『二十一世紀に生きる君たちへ(司馬遼太郎記念館オリジナルバージョン) 』を購入しました。
この本は、未来を育む小学生向けに書かれた本(当時の教科書用)ですが、私のようなおっさんも含めた21世紀を生き抜く若者へのメッセージです。司馬感というか、司馬遼太郎先生の未来を生きる我々に託す熱き想いが伝わってくる、心打たれる内容でした。
興味ある方は是非読まれてみてください

参考:amazon
二十一世紀に生きる君たちへ (併載:洪庵のたいまつ)

参考:Wikipedia
司馬遼太郎

公式ホームページ
司馬遼太郎記念館


カングーで街道をゆく~龍馬伝紀行~応援よろしく! FC2RANKING
ルノーカングーランキング応援よろしく♪BY Kangoo
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。